027-219-4103(代)

アクセス

診察のご予約

医療理念

母子ともに健やかに

できることは全てやる。産前も産後も。
何よりもお母さんと生まれてくる子供が安全に、万全の体制でその時を迎えられるように。

日本は「赤ちゃんがもっとも安全に生まれる国」になりました。

日本の医療には素晴らしいネットワークがあります。
個人クリニックで不測の事態が起きても、迅速に総合病院や大学病院に搬送できる準備が整っています。

しかし医療や医療ネットワークが発達したといっても、そのリスクがゼロになることは残念ながらありません。分娩は不確定な状況が起きやすく、対応が非常に難しいもののひとつです。予期せぬ出血などが起きてしまった場合、1秒でも早い対応が求められます。

横田マタニティーホスピタルでは、開業以来、そのリスクを最大限に回避するため、早くから妊婦さんの体調やリスクの把握に努め、各分野の連携をしっかりとれるよう、外部の医療機関との連携中心ではなく、麻酔科や小児科の医師の常駐を進めてきました。

産婦人科医が複数名常勤したり、産婦人科以外の医師が常勤することは、病院にとってあまり経済的とは言えないかもしれません。
ですが私たちはその経済性よりも、より高い安全性の向上を大切にしています。

できることは全てやる。産前も産後も。
何よりもお母さんと生まれてくる子供が安全に、万全の体制でその時を迎えられるように。

私たちはこれからも、より安全性の高い医療を目指していきます。

医療体制

産婦人科医・麻酔科医・小児科医の連携

産婦人科医、小児科医及び麻酔科医が三位一体となって取り組んでいます。毎日のカンファレンスでは、それぞれが専門的な立場から意見を出し合い情報を共有。分娩には3者が立ち会い、最大限リスクを回避できる医療体制です。院内に3者がいることで、外部の医師を頼ることに比べ、より早く、より深く対応できます。

安心を何より大切にしている当院にとって、小児科医はなくてはならない存在です。小児科医がいない産婦人科施設では、生まれてきた赤ちゃんも産婦人科医が診ていることが多いようです。当院では小児科医が赤ちゃんを診察し、日々の健康状態を管理しています。お母さんのケアは産婦人科医が、赤ちゃんのケアは小児科医がする、これも小児科医がいるからこそできるのです。退院後も赤ちゃんの成長に合わせて継続した診療を行っています。

麻酔科医も大きな存在です。帝王切開などの手術も麻酔科医が麻酔をかけ、管理しますので安心です。もちろん無痛分娩も麻酔科医の管理のもと行っています。日中に麻酔科医が常駐しているため、緊急時に外部の麻酔科医の応援を頼む心配も少ないです。

メンタルケア

妊娠・出産期は、環境の変化が大きいだけでなく、それと同時に心もからだも大きく変わっていきます。
産前、出産、産後、それぞれの場面で、状況に応じたケアを行っております。
出産に向けての不安を解消したり、悩みをゆっくり話したり。心とからだの双方をケアしています。

ホスピタリティー

上質なホテルのような居心地の良いお部屋で、充実した入院生活をお過ごしください。
リラックスしてお過ごしいただけるように、充実したサービスのご提供をしております。
新鮮な食材にこだわった、心のこもったお食事・・・。フランス料理、季節の和食御膳、そして、にぎり寿司と、スペシャルなディナーをお召し上がりいただけます。
エステティシャンによるフェイシャルマッサージ・シャンプーでの癒し・・・、ネイリストによるジェルネイルでの安らぎ・・・。日常から切り離されたひとときをお楽しみください。

費用について

初産・経産 5日間(0日 - 5日間)
510,000円 ~

分娩料、新生児管理料、産科医療補償制度掛金、検査料、食事代等を含みます。

入院費用等一覧

平成26年3月〜

部屋区分 正常分娩の場合
(平日時間内)
※産科医療補償制度掛金を含む
一時金直接支払制度
ご利用の場合
保険使用
(1日につき)
3人部屋 51万円 9万円 差額なし
2人部屋 54万円 12万円 差額なし
個室 61万円 19万円 15,000円
特別室(個室) 69万円 27万円 20,000円

出産一時金の直接支払制度をご利用の場合、入院費用の総額から42万円を差し引いた金額のみの支払いとなります。詳細は「出産一時金について」のページをご覧ください。

保険適用外で難易度の高い分娩、または長時間を要した場合や、定期処方以外の薬などが出た場合は加算が生じることがあります。

諸般の事情により予告なしに入院費用の見直しが行われる場合がございます。

平日時間内以外の加算の例

平成26年3月〜

加算項目 時間 加算額
時間外加算 6時〜8時
18時〜22時
土曜 13時〜22時
15,000円
深夜時間外加算 22時〜翌6時 20,000円
日曜・休日加算 終日 20,000円